HOME > SPECIAL > Ideal Vintage

The FICTION with Yutaka Fujiwara
BerBerJin Director 藤原氏と取り組む
至極のコラボレーション第4弾

Which is your favorite one?

Western Shirt

「今回作成したホワイトジーンズに合わせるトップスとして考えたのが、このウエスタンシャツになります。普段、ブルージーンズを穿くのでトップスにGジャン以外のデニムウェアを着る機会は少ないんですが、実はそれには理由があります。ヴィンテージで見つかるウエスタンシャツは、シャツ素材なので薄くてデニム オン デニムで合わせるにはリジッドデニムにシャツインして、ジャケットを羽織るなどのスタイル以外では、生地厚が違いすぎて、穿き込んできたジーンズの色目や落ち感とは同等にならず、合わせづらいんです。今回作ったデニムシャツは、素材をジーンズのように厚手にしたのでデニム オン デニムでもチャレンジしてもらいやすいと思います。ウエスタンをベースにしながらも、着丈を短くしたり、ウエストのシェイプを無くしたりとワークシャツの要素を取り入れているのでコーディネートしやすいので、ぜひ今回のホワイトジーンズやコラボ第一弾のペンキ散らしのジーンズとかに合わせてみてほしいです。」(藤原 裕)
1st Wash

Western Shirt Detail

<左>ヴィンテージでも稀に見られる下前見返し端と袖の剣ボロ裏端にセルヴィッチを使用。 <中>あえて長めのカフにすることで剣ボロのスナップを留めて、半折りか、そのまま3回折ることで折りが大きくなりすぎず7〜8分丈に。アクセサリーや時計を見せるのにもオススメ。 <右>藤原氏の経験の中でも、一度しか出会った事が無いという「ウエスタンシャツのTバック」。それをダイアゴナルのウエスタンヨークと組み合わせる事でY字の切り替え「Yバック」が新たに誕生。
Second Hand Wash

Western Shirt Detail

<左>ヴィンテージマニアの間でも、知る人ぞ知る50年代のウエスタンシャツ独特のしっかりしたタテ落ち感や色落ち感を徹底研究した生地を採用。Vintageを代表するステッチワークのイエローステッチを採用。同じ色でもパーツ事に、異なる番手と運針数で複雑な表情を生み出している。 <右>通常であれば表現しきれない、カフスや袖口周辺の細かい折れジワやヒゲ等の細かいディテール部分にもこだわりを。身頃同様にセルヴィッチが袖をロールアップした際にもアクセントに。
Western Shirt [Indigo] | No:57201561
Color:1ST Wash
Size:S,M,L
Price:¥32,000+tax
Western Shirt [Washed Blue]| No:57201560
Color:Second Hand Wash
Size:S,M,L
Price:¥48,000+tax

Jeans

「4回目のコラボレーションを迎える今回、まず作ってみたいと思ったのがホワイトジーンズでした。前回作成したヴィンテージには存在しないブラックジーンズと同じでホワイトもヴィンテージでは存在しません。ブラックジーンズの時に作成したモデル"BRUCE"の60年代を意識して作ったNEWスリムシルエットはすごく気に入っていて、今まで古着を見てきた中でもここまでシルエットの綺麗なラインはなかなか無いととても満足しています。実は今までスーパースリムの一番古いものとなる60年代のジーンズで、ジャストサイズを穿けたことがないんです。そもそも絶対数が非常に少ないこともありますが、今回はそれを味わうことができました。 それと対で作ったのが、あえて時代背景を考えずに理想の色落ちをした一本です。 色落ちが行き過ぎていなく、激しすぎもない。前にうっすらヒゲが付いているジーンズはよく見かけますが、意外と後ろにもちゃんとハチノスが付いているジーンズはレアなんです。それを見つけて保管しておいたものをサンプリングとして使用し、作ったジーンズです。どちらもコーディネートしやすいジーンズだと思います。」(藤原 裕)
PANTS STYLING
Color Blue
Color White

Denim Pants Detail

<上左>インディゴの残り方・濃淡のコントラスト・ヒゲのエッジの立ち方など、多くの点を藤原氏の厳しい目により評価された最もバランスの良いエイジング。その表情を最先端の技術と職人による手作業を混ぜ込んだYANUK独自の技法で完全再現したジーンズ。 <上右>藤原氏厳選の30年代のVintageホワイトをサンプリングし、その生成に特殊な薬剤を用い、独特の表情を再現。古着屋に置かれているホワイトジーンズのように白でも生成でもなく、年月の経過が見た目から感じられるホワイト。 <下左>60年代に若者を意識した、厚みの少ないヒップまわりとしっかり深くとられた股上をベースに、モダンナイズしたシルエット。ブルージーンズにはマッチ擦り後のディテールも再現。 <下中>ジーンズとともにレザーパッチにもUSED加工を。さらにリベットには古いVintageに見られる丹銅で打ち抜いて潰す最もシンプルで原始的な構造を採用。 <下右> 一日に一反しか生産できない力織機を使用し織られた12.7ozセルヴィッチストレッチデニム。ヴィンテージミシンのユニオンスペシャルで裾上げをし、赤耳がアクセントに。
Denim Pants[Washed Blue]| No:57201500
Model:BRUCE
Color:Ideal Aged
Size:28-34
Price:¥40,000+tax
Denim Pants[White]| No:57201510
Model:BRUCE
Color:Dead White
Size:28-34
Price:¥30,000+tax

Yutaka Fujihara藤原 裕

1998年創業の老舗の古着ショップ、BerBerJinのディレクター。圧倒的な数のデニムを見て、触れ、その歴史を感じ取り伝えてきた第一人者として、ファッション業界では知らぬ人のいない存在。
業界内でも屈指のヴィンテージマスターとしても知られ、古着は実際に着る派で「欲しい!」と思ったものは絶対に妥協せずに手に入れるこだわりを持つ。
2019年S/Sより"YANUK"のアドバイザーとして参画。
監修した書籍「THE 501RXX-A COLLECTION OF VINTAGE JEANS-」
BerBerJin
東京都渋谷区神宮前3-26-11 原宿SHビル
Tel 03-3401-4666