HOME > SPECIAL > YANUK × YOSHIMASA HOSIBA COLLABORATION

“自分が穿きたい究極の黒”
共感してくれる人に穿いてほしいブラックデニムが誕生
数々のブランドとのヒットアイテムを生み出してきたファッションディレクター干場義雅氏にとって初となるデニムのコラボレーションをYANUKが実現。
“自分が穿きたいデニム作り”を今回のポイントに、干場氏の想いが込められたデニムが誕生しました。

「自分の求めるデニムには、生地の余りや色など余計なものはいらない。敢えて手間のかかるデニムをそぎ落としていったときに何が残るのか?それを突き詰めて作ったのが今回のブラックデニムです。デニムの存在はクローゼットに必ず在るべきものであり、これが似合わなければ絶対にダメと言えるものがデニムです。」
「今回出来上がったデニムは、一見するとYANUKを穿いているとは気づかないと思う。それでも穿いてみると、穿き心地がとても良い。細部までこだわっていて、見る人が見ればわかる。そんな価値のあるものにしたかったんです。
MAKE A STYLEは『流行りに乗るだけでなく、本当に自分に似合うスタイルへ』というメッセージ。デニムの醍醐味である、穿いていくうちに自分の味を出していく、そこに目を付け、最初から味のあるものではないデニム、“基本となる1本”になってほしいという想いを込めて作りました。」
「デニムとのコーディネートには極論、ライダーズとテーラードジャケットがあれば良い。それだけで存在感がある」そう話す干場氏の装いはシンプルな中にもこだわりのアクセサリーが取り入れられている。

ウエストのアクセントにはヴィンテージ“H・T・C”のスタッズベルトを。そして、ライダーズ、ピンキーリングとブレスレッドは、すべてが謎に包まれた気鋭のブランド“FIXER”のもの(ともに私物)。いつ発売されるのか、まったく予想ができず、さらに生産数も極端に少ない。お店に並べられずに、聞いた人にしか売らない。そんな男心をくすぐるブランドを身につける様はまさに分かる人にしか分からない装いと言える。
オーダーメイドで仕立てたテーラードジャケットにブラックデニムを合わせたワントーンコーディネート。シーンによってカジュアルにもキレイ目にもなる万能コーデで、一見デニムだとわからない程の大人っぽい上品なルックスに。
「移り変わる流行よりも普遍的で良いものを」という言葉を哲学にしている干場さんならではの究極に削ぎ落としたスタイルです。
<左上>通常では使われていないモノトーンのピスネームや腰帯に付けられた織ネーム。
<中央上>アイコンでもあるY刺繍を左後ろポケットからは取り、レザーパッチやステッチもすべて同色に。<右上>右後ろポケットにはYの間に、同氏のイニシャルであるHを隠し入れて混ぜ込んだ特別な仕様。<左下>ナローシルエットに、ストレッチの効いた黒のセルビッチデニムを使用。<中央下>オールブラックのボタンフライ仕様。さらにトップスの色移りを軽減するため、共地の内側を裏返しにし、色移りを緩和。<右下>両脇は綺麗なパイピング仕様にすることで裏返しても美しい仕立て。
No:57202500
Color:BLK
Size:28-34
Price:36,000+tax

干場義雅Yoshimasa Hoshiba

『FORZA STYLE』編集長/ファッションディレクター
株式会社スタイルクリニック代表取締役
 
『LEON』や『OCEANS』など数々の人気男性誌を手掛け、独立。
フジテレビ『にじいろジーン』、テレビ朝日『グッド!モーニング』、日本テレビ『ヒルナンデス』、テレビ東京『なないろ日和』など、テレビ番組でもおなじみ。
『干場義雅のお洒落の本質』(PHP出版)、『干場義雅の色気と着こなし』(宝島社)、『干場義雅が教える大人のカジュアル』(日本文芸社)、『干場義雅が語る女性のお洒落』(フォーエバートゥエンティワン)』、『世界のエリートは知っているお洒落の本質』(集英社文庫)、『干場義雅が愛する究極のブランド105』(日本文芸社)、など、著書も多数。その活動はメディアの枠を越えて多岐に及ぶ。
現在は、動画を中心に上質なライフスタイルを提案する講談社のウェブマガジン『FORZA STYLE』の編集長として活躍中。インスタグラム@yoshimasa_hoshibaも人気。

1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示